米社も香港見通しを引き下げ 社会混乱、中国との一体化懸念

格付け大手の米ムーディーズ・インベスターズ・サービスは16日、香港の長期発行体格付けの見通しを従来の「ステーブル(安定的)」から「ネガティブ(弱含み)」に修正し、今後格下げに踏み切る可能性を示した。「逃亡犯条例」改正案に端を発する大規模デモが香港の持つ制度の優位…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:例年、秋から年末にかけ…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

テイクオフ:仕事で外出した際、たま…(10/22)

保険業界、収益の多様化急ぐ 3Qの本土客契約は2桁減に(10/22)

「保険通」具体案発表、据置年金など対象に(10/22)

ネット保険の安我、3~4年で黒字化見込む(10/22)

反発、薄商いで小幅上昇=香港株式(10/22)

陳財政長官、経済対策「第3弾」を検討(10/22)

香港成長率マイナス0.8%に、モルスタ予測(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン