• 印刷する

カザナ、インドネシアの高速道路権益放出も

マレーシア政府系の投資会社カザナ・ナショナルが、インドネシアの高速道路事業の権益を手放す可能性が出ている。譲渡額は約5億米ドル(約539億円)になるもよう。14日付スターが伝えた。

関係者によると、インドネシアの複合企業アストラ・インターナショナルのインフラ子会社、アストラ・インフラとカナダ年金基金投資委員会(CPPIB)が、ジャワ島のチパリ高速道(西ジャワ州チコポ―パリマナン間、全長116キロメートル)を運営するリンタス・マルガ・スダヤ(LMS)の株式を譲渡するようカザナに打診しており、カザナは13日に開催した役員会で提案を受け入れるかどうか協議した。カザナ、アストラ・インフラ、LMSなどはいずれもこの件についてコメントを控えている。

カザナは現在、傘下のUEMグループを通じてLMSに55%を出資。アストラ・インフラが残りの45%を保有する。

UEMグループは、2006年にチパリ高速道の建設事業を受注。用地取得などに時間がかかり、13年に着工、15年に完工した。 


関連国・地域: マレーシアインドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:弊社が入居するオフィス…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

日野自、小型バスの試験運行 公共交通向けの需要取り込みへ(10/22)

一帯一路でマの重要性増、MUFGセミナー(10/22)

エアアジア、印の北東部から4都市に定期便(10/22)

3Qの製造業景況感、08年4Q以来の低水準(10/22)

消費者心理は4期連続悲観圏、2年ぶり低水準(10/22)

RM1=26.0円、$1=4.18RM(21日)(10/22)

イケア、ジョ州のSC開発に3億リンギ投資(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン