中秋節連休に訪台規制の影響、離島は活況

中国の訪台客規制が、中秋節連休(今年は9月13~15日)の台湾の一部観光業に影響を与えた。東部の観光地、台東県では宿泊施設の稼働率を2~3割押し下げた。一方、離島などは台湾政府が導入した域内旅行の支援策を受けて活況を呈した。台湾各メディアが伝えた。 台東県の各宿泊…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: サービス観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あなた、このへんに住…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

9月の輸出受注が5%減 全項目のマイナス成長続く(10/22)

EUとの5G提携、2期計画を近く始動へ(10/22)

元レイ精密、10億元で中科の工場拡張(10/22)

台塑、米国にPVC一貫工場の建設計画(10/22)

枝豆飲料を日本売り込みへ、農委会(10/22)

南僑、台湾最高値の即席麺を発売へ(10/22)

仁宝系の瑞宝、南部初の細胞治療拠点開設へ(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン