経常赤字17.4億ドルに縮小 1~6月、サービス・所得が好調

フィリピン中央銀行が発表した2019年1~6月期(上半期)の国際収支統計(速報値)によると、海外との総合的な取引状況を示す経常収支は17億4,100万米ドル(約1,875億円)の赤字だった。赤字幅は前年同期に比べ53.7%縮小した。サービスと所得の収支が好調だった。一方、政府やエ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ご近所さんたちの会話が…(04/07)

日系企業、通常操業1%切る 昇給率も見直し、新型コロナ影響(04/07)

横井定、マスク200万枚増産を計画(04/07)

新型コロナ感染者3660人に、死者は163人(04/07)

仮設の大型隔離施設3カ所、週内に運用開始(04/07)

経済開発庁、「新常態」に備え政策立案へ(04/07)

中小零細企業の99%、新型コロナで打撃(04/07)

住宅・商業施設の賃料30日猶予、貿産省(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン