• 印刷する

殺虫剤など6品目の輸入、小売業登録が必要

ミャンマー商業省貿易局は、肥料や種子、殺虫剤など6品目を輸入する企業に対し、卸売業または小売業としての登録を求めている。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが16日伝えた。

商業省は、◇肥料◇種子◇殺虫剤◇医療機器◇建設資材・機器◇農業機械・機器――を輸出入登録書で輸入する外資系企業、地場と外資の合弁企業に対し、5月21日から90日以内に卸売業または小売業、もしくは双方の登録申請を行うことを求めていた。現在は、期間を延長して申請を受け付けている。

登録には、法人登記書類、ミャンマー投資委員会(MIC)から取得した承認書類、または税制上の優遇措置や土地の長期リースを認める恩典(エンドースメント)書類の写し、地方自治体の開発委員会発行の推薦状、販売品目の商品分類リストに加え、初期投資額や販売場所、販売場所の面積などの詳細を含む事業計画の提出が求められる。

申請は法人の形態によって、首都ネピドーの商業省貿易局、ネピドー、最大都市ヤンゴン、第2の都市マンダレーの貿易局輸出入免許部門で受け付ける。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染なし、累計313人のまま=6日朝(18:32)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

特別入国の邦人20人、施設隔離が終了(07/06)

新たな感染9人、累計313人=5日朝(07/06)

家庭用電気料金、6月末まで一部無料化継続(07/06)

欧州6カ国、今年の債務返済を猶予(07/06)

香港系の発電所2カ所、売電契約を締結(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン