シェンクワン空港を改修、世界遺産を活用へ

ラオス北部シェンクワン県でこのほど、シェンクワン空港の改修が完了した。空港の近くには、今年7月に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産への登録が認められた、ジャール平原の巨大石壺群がある。ラオス・タイムズ(電子版)が13日伝えた。  遺跡を活用する観光振興策…

関連国・地域: ラオスロシア
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サイニャブリ水力発電所、月内に全面稼働へ(10/10)

ラオス水力発電からの送電線、12月に完工へ(10/10)

ベトテル、ラオスで年内に5G導入(10/10)

日本、ルアンパバーンの上水道拡張に19億円(10/09)

サコムバンク、1~9月は90%増益(10/09)

ラオス人にタイで技術研修=AOTS(10/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン