• 印刷する

科学工業園区の輸出額、20%増で過去最高

台湾の科技部(科学技術省)が11日に発表した3大科学工業園区の今年上半期(1~6月)の合計輸出額は、前年同期比20.5%増の9,483億8,600万台湾元(約3兆3,400億円)だった。半導体のハイエンド製品の需要が拡大したことなどが全体を押し上げた。

輸出額を科学園区別にみると、新竹科学工業園区(竹科)が前年同期比30%増の5,385億100万元、中部科学工業園区(中科)が33.9%増の2,065億4,400万元、南部科学工業園区(南科)が2.6%減の2,033億4,100万元だった。

台湾のハイテク各社が米中貿易摩擦により、台湾での生産や受注を増やしたことが輸出額の伸びに寄与した。

3大科学園区全体の今年上半期の輸入額は、8.6%減の3,360億3,200万元。世界景気の先行き不透明感が強まったことで、電子関連の最終製品の需要が弱まり、メーカーが原材料の調達を減らしたことが減少につながった。

3大科学園区の今年上半期の合計売上高は、2.5%減の1兆2,189億4,200万元だった。12日付工商時報によると、売り上げ規模の大きな半導体産業が横ばい状態にとどまっていることや、光学・電子産業が中国や韓国メーカーとの価格競争で後退していることが横ばいにとどまった要因。

一方、科技部の許有進次長(次官)は3大科学園区の合計売上高は下半期(7~12月)に上向くと予測。「通年では前年比1%増の2兆6,000億元超を望める」とした。

3大科学園区の合計就業者数が27万7,253人に達し、過去最多を更新した。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

居留証所有者、訪台前のPCR検査不要に(07/03)

新型コロナ感染者、449人に(07/03)

新車販売が復調の4万台超え、前月比2割増(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

富智康、無線充電の米ベンチャーに出資へ(07/03)

研華、メキシコに合弁子会社設立(07/03)

中鋼の6月出荷量目標超え、輸出が押し上げ(07/03)

安特羅、コロナDNAワクチンを開発へ(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン