• 印刷する

サムスン電子の越事業、1~6月は4割減益

韓国サムスン電子のベトナム事業4社の今年上半期(1~6月)の税引き後利益(純利益)は、前年同期から40%減少した。総売上高は318億米ドル(約3兆4,300億円)で5億米ドル増加した。ベトナム・ニュース(VNS)電子版がこのほど伝えた。

純利益は前年同期の32億米ドルから19億ドルに減少。うち、北部バクニン省のサムスン電子ベトナム(SEV)が減益分の半分余りを占め、サムスン・ディスプレー・ベトナム(SDV)の営業損益は3,000万米ドルの赤字に転じた。

2社の売上高が合わせて25億米ドル減った一方、サムスン電子ベトナム・タイグエン(SEVT)の第2四半期(4~6月)の売上高は過去最高の78億米ドルを記録し、総売上高の増加に寄与した。SEVTはサムスンの主要なスマートフォンの製造工場の一つ。

ただ、不振だったSDVがサムスンだけでなく、米アップル・スマホのディスプレーを製造していることから、両社の新機種発売に伴い、下半期(7~12月)の業績は回復するとみられている。なお4社中、残りのサムスンCEコンプレックス(SEHC、ホーチミン市)は、家庭用家電の製造拠点。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ストライプ、働く女性に照準 衣料・雑貨で売上200億円目指す(10/14)

7~9月の二輪5社販売、4%減の83万台(10/14)

トヨタ、9月の販売台数は17%増の7300台(10/14)

VW、クアンニン省に4S代理店(10/14)

Beグループ、配車運転手に技能訓練(10/14)

タンソンニャット空港、発着頻度を20%増(10/14)

ラックフエン港、コンテナ埠頭2本増設へ(10/14)

アスコット、HCM市1区に高級アパート(10/14)

サンケイビル傘下ビサホ、優秀企業賞を受賞(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン