• 印刷する

サムスン電子の越事業、1~6月は4割減益

韓国サムスン電子のベトナム事業4社の今年上半期(1~6月)の税引き後利益(純利益)は、前年同期から40%減少した。総売上高は318億米ドル(約3兆4,300億円)で5億米ドル増加した。ベトナム・ニュース(VNS)電子版がこのほど伝えた。

純利益は前年同期の32億米ドルから19億ドルに減少。うち、北部バクニン省のサムスン電子ベトナム(SEV)が減益分の半分余りを占め、サムスン・ディスプレー・ベトナム(SDV)の営業損益は3,000万米ドルの赤字に転じた。

2社の売上高が合わせて25億米ドル減った一方、サムスン電子ベトナム・タイグエン(SEVT)の第2四半期(4~6月)の売上高は過去最高の78億米ドルを記録し、総売上高の増加に寄与した。SEVTはサムスンの主要なスマートフォンの製造工場の一つ。

ただ、不振だったSDVがサムスンだけでなく、米アップル・スマホのディスプレーを製造していることから、両社の新機種発売に伴い、下半期(7~12月)の業績は回復するとみられている。なお4社中、残りのサムスンCEコンプレックス(SEHC、ホーチミン市)は、家庭用家電の製造拠点。


関連国・地域: 韓国ベトナム
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

越の航空業、国内線は正常化 業績悪化は不可避、損失30兆ドン(06/05)

国内生産車の登録料半減、政令草案を調整中(06/05)

ビンファスト、登録料ゼロのキャンペーン(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

物流業界の電子化急務、コロナ禍で再編加速(06/05)

ビンフオック省レダナ工業団地、首相が承認(06/05)

HCM市の工業団地、インフラ整備求む声(06/05)

ビンソン製油、ハノイ証取上場を正式申請(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン