ヤンゴン、10月からモバイル納税を導入

ミャンマーの最大都市ヤンゴンを管轄するヤンゴン市開発委員会(YCDC)は10月1日から、モバイル決済による納税システムを導入する。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが13日伝えた。 ミャンマー民間銀行大手カンボーザ(KBZ)銀行、エヤワディ銀行(A…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

比アヤラ、ヨマと合弁で再生エネ市場参入(21:38)

FPT、ミャンマーで銀行間送金システム(10/11)

ベトナム・ミャンマー激増、日本語教育機関(10/11)

中国への天然ガス輸出量、国内消費の4倍(10/10)

【縫製産業の未来】存在感増す中韓企業に危機感 マツオカ(下)貧しさ根付く産業(10/10)

MAB銀、カード保有者対象にポイント制度(10/10)

ヤンゴン管区、工業・住宅用地を3期で販売(10/10)

モッタマの鉄骨高層ビル、来年6~7月開業(10/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン