政府、超大型再エネ発電所の複数設置を模索

インド政府が、風力や太陽光を電源とする超大型発電施設の各地への整備を公営各社に働き掛けている。政府の内部文書によると、1カ所当たりの投資額は20億米ドル(約2,200億円)、出力は200万キロワット(kW)となる見通しだ。ライブミント(電子版)が12日に伝えた。 スケール…

関連国・地域: インド
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

エバーセンダイ、印ITパークのビル建設受注(14:52)

テイクオフ:ヒンディー語映画「シカ…(02/19)

二輪ヒーローが大型投資表明 技術開発など、7年で1千億ルピー(02/19)

タタパワー、EV充電網を700カ所に拡充(02/19)

パナ、インドでアフリカ向け家電の生産を検討(02/19)

政府、ラダックの送電網整備に1100億ルピー(02/19)

電力JSW、東部同業を532億ルピーで買収(02/19)

太陽光発電事業3GW相当、新型肺炎で影響(02/19)

マンダレー・インパールの観光ツアー開始へ(02/19)

上訴審、鉄鋼JSWのブーシャン買収を承認(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン