• 印刷する

オヨ、ニューデリーに共用オフィスを新設

インドの低価格ホテルチェーン「OYO(オヨ)」を運営するオヨ・ホテルズ・アンド・ホームズのコワーキングスペース(共用オフィス)部門「オヨ・ワークスペーシズ」は11日、首都ニューデリーの商業中心地コンノートプレースに新しい共用オフィスを設置したと明らかにした。PTI通信が伝えた。

新設した共用オフィスの規模は200席以上。設置から数日で、既に複数の企業から予約を受けたという。

オヨは7月、インドで共用オフィス事業を展開するベンチャー企業イノブ8を買収し、共用オフィス市場に参入すると発表した。オヨ・ワークスペーシズは現在、「ワークフロ」、「パワーステーション」、「イノブ8」の3ブランドで、国内10都市に22カ所、1万5,000席超の共用オフィスを運営。今年末までに50カ所、3万5,000席規模への拡大を目指している。


関連国・地域: インド
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド映画に詳しくない…(07/15)

4~6月車販売は80%減 6月乗用車は5割減、封鎖が打撃(07/15)

6月の二輪販売、39%減の101万台(07/15)

スズキ二輪、グルガオン工場から500万台出荷(07/15)

MGのヘクタープラス、135万ルピーで発売(07/15)

現代自の新型クレタ、予約の2割は農村部(07/15)

CPI上昇率、6月は6.09%上昇(07/15)

6月卸売物価2%下落、3カ月連続マイナス(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン