• 印刷する

金相場に落ち着き、史上最高値から反落

高騰を続けていたミャンマーの金価格が落ち着きを取り戻しつつある。最大都市ヤンゴンでは、5日に1ティカル(16.6グラム)当たり130万チャット(約9万2,000円)を超え、史上最高値を更新したが、足元では122万チャットにまで下がってきた。国際価格も値下がり傾向にあり、国内価格もさらに下がると見込まれる。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが12日伝えた。

金価格は、1月後半に1ティカル100万チャット台に乗った。8月7日には120万チャット台となり、9月5日に130万チャットを超えた。高騰の背景には、世界経済の先行きに対する不透明感の高まりとともに、銀行システムへの不安などミャンマー固有の要因もあった。

ミャンマー金事業者協会(MGEA)ヤンゴン管区のミョー・ミン支部長は、「価格の安定のために、加盟者に不正な売買を行えば法的措置を取ると警告したほか、一括払いによる決済を行うよう要請した」と語る。また内務省も、金取引に不正がないか監視を強めたという。

支部長は、「国際価格が下がれば、国内価格も下落を続ける。国際価格は下落傾向にある」として、さらなる値下がりを予測している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外出規制、一部緩和で6月15日まで延長(05/29)

国内線の再開続く、エア・タンルウィンも(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

コロナ逆風も6社目が上場、ヤンゴン証取(05/29)

中小旅行会社の8割、打撃深刻=観光省調査(05/29)

国会、コロナ対策で円借款の活用準備を承認(05/29)

ダラ大橋を設計変更、韓国から追加借款へ(05/29)

市中感染10日連続ゼロ、累計206人=28日朝(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン