華立企業、太陽光発電設置で40億元の融資

太陽光発電材料の生産などを手掛ける台湾の華立企業はこのほど、台湾域内で太陽光発電施設の設置を進めるため、台湾の中堅銀行、永豊商業銀行などから、40億台湾元(約137億7,000万円)の協調融資を受けることで合意した。11日付経済日報などが伝えた。 華立企業は今年子会社化し…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 電機その他製造金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本のニュースで最近目…(07/07)

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

今年の観光収入、1.3兆円損失か=コロナで(07/07)

鴻海の6月売上高、3カ月ぶり減収に(07/07)

HTCの6月売上高、前月比で6割増(07/07)

政府、5G網の敷設加速に300億元補助(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン