• 印刷する

情報庁、重慶とを結ぶデータ通信網を構築

シンガポールの情報通信メディア開発庁(IMDA)は11日、シンガポールと中国西部の重慶を結ぶデータ通信網を構築するプロジェクト「中国・シンガポール(重慶)国際データチャンネル(IDC)」を開始すると発表した。

シンガポール・重慶間のデジタル通信網を整備する取り組み「戦略的な接続に関する中国・シンガポール(重慶)デモンストレーション・イニシアチブ(CCI)」の一環。IMDAとビッグデータ分野を管轄する重慶の政府当局は、両国の通信会社と連携し、遅延やパケットロス(データの一部が届かない現象)が少ない通信網を構築する。データ転送速度は毎秒260ギガビット(Gbps)だ。東南アジア・中国西部間の通信の接続性が高まると期待されている。

これに合わせてシンガポール・中国間で12案件の協力覚書が交わされた。

シンガポールの通信最大手シンガポール・テレコム(シングテル)は、中国の3大通信会社とデータ通信網構築に関する覚書を締結。中国移動通信集団(チャイナ・モバイル)、中国電信集団(チャイナ・テレコム)、中国聯合網絡通信集団(中国聯通、チャイナ・ユニコム)の3社と協業し、シンガポールと重慶の7つの工業団地を結ぶ通信ネットワークを構築する。覚書には、重慶に拠点を置く製造、IT、通信関連会社7社が同ネットワークを利用することも盛り込まれた。

このほかシンガポールの通信2位スターハブも中国の3大通信会社とIDC事業で覚書を交わした。


関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

通信スターハブ、19年通期は4期連続の減益(18:17)

金融UOB、8%増益で過去最高益(18:04)

シンガポールドル急落、新型肺炎の影響で(17:49)

セムコープ、10~12月期は赤字転落(15:39)

金融OCBC8%増益、3年連続過去最高益(14:07)

完全外出禁止は77人(19日正午)(12:38)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(20:04)

日系ベンチャー、野菜栽培実証 アジア全域での事業展開にらみ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

卸売り販売額17%低下、3年半ぶり下落幅(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン