• 印刷する

テイクオフ:「丸ノ内線の1日の利用…

「丸ノ内線の1日の利用者数は135万人。ミンダナオ島の中心都市ダバオの人口に近い」。東京メトロの職員が説明すると、研修で来日中のフィリピン運輸省の職員たちがどよめいた。

フィリピンの鉄道総延長は100キロメートル程度。現政権は1,000キロを超える鉄道建設を計画するなど野心的だ。同行していたロントック運輸次官は大規模インフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」を推進すると述べ、フィリピン初の地下鉄事業を支援する東京メトロの担当者は「鉄道建設に対する政府の熱意を感じる」と話す。

しかし、マニラの都市高速鉄道(MRT)3号線は事故や故障でしょっちゅう止まる。「ビルド・メンテナンス・ビルド」で維持管理もしっかりお願いしたい、と次官に話すと、「人材育成と共に重視したい」と答えた。日本の鉄道は、士気・規律の高い職員の努力が高密度の運行を支えている。多くを吸収してほしいと願う。(遠)


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マニラ空港拡張が白紙に 政府と財閥連合、事業費巡り対立(07/10)

コロナ感染新たに1395人、累計5万1754人(07/10)

国営病院、新型コロナ患者の病床が逼迫(07/10)

現金給付巡る違法行為、地方自治体で多発(07/10)

Gキャッシュによる納税倍増、1~6月(07/10)

メトロバンクとBDO、米ドル建て社債発行(07/10)

中国との農業技術協力、プログラム再開(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン