• 印刷する

テイクオフ:「丸ノ内線の1日の利用…

「丸ノ内線の1日の利用者数は135万人。ミンダナオ島の中心都市ダバオの人口に近い」。東京メトロの職員が説明すると、研修で来日中のフィリピン運輸省の職員たちがどよめいた。

フィリピンの鉄道総延長は100キロメートル程度。現政権は1,000キロを超える鉄道建設を計画するなど野心的だ。同行していたロントック運輸次官は大規模インフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」を推進すると述べ、フィリピン初の地下鉄事業を支援する東京メトロの担当者は「鉄道建設に対する政府の熱意を感じる」と話す。

しかし、マニラの都市高速鉄道(MRT)3号線は事故や故障でしょっちゅう止まる。「ビルド・メンテナンス・ビルド」で維持管理もしっかりお願いしたい、と次官に話すと、「人材育成と共に重視したい」と答えた。日本の鉄道は、士気・規律の高い職員の努力が高密度の運行を支えている。多くを吸収してほしいと願う。(遠)


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:深夜の空港に人間ドラマ…(09/17)

経常赤字17.4億ドルに縮小 1~6月、サービス・所得が好調(09/17)

投資認可額8%増、1~8月=経済区庁(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

フィレックス、シランガン開発で資金調達へ(09/17)

内航船の近代化推進、高速船など導入(09/17)

サウジ石油施設への攻撃、影響大=外相(09/17)

メガワールド、カビテで新たな都市開発(09/17)

〔ミ島通信〕鉄道敷設事業、20年に着工(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン