• 印刷する

こころネット、霊園管理企業に5億円出資

冠婚葬祭業こころネット(福島市)は10日、ベトナムの霊園マネジメント会社セレモニー・パーク・インベストメント・アンド・マネジメント・カンパニーの持ち分20%を470万米ドル(約5億1,700万円)で取得し、持ち分法適用会社化すると発表した。同社にとって、中国に次いで2カ国目の事業展開となる。

こころネットは、2020年3月期~22年3月期を対象とする新中期経営計画の中で、「新分野・海外への資源投入」を重点施策に掲げている。同社の担当者は、ベトナムでは大規模な霊園建設が続き、墓石需要が拡大傾向にあると説明。同社が持つ葬儀から墓石販売までの豊富なノウハウをセレモニー・パークの事業拡大に生かせると判断し、持ち分取得を決めた。

セレモニー・パークは現在、霊園開発および貿易の紹介・促進を行うフー・ティエン・ファット・サービス・アンド・トレーディングが完全出資している。こころネットによる持ち分20%の取得は、来年6月までに完了する見込みだ。また、セレモニー・パークの資本金は現在2,127万米ドルだが、こころネットの持ち分取得の完了時には850万米ドルに変更する。

こころネットは10年に、中国天津市の石材業・天津中建万里石石材有限公司の出資持ち分を取得し、持ち分法適用関連会社としている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

DHLの倉庫完成、21年まで200人体制に(12:32)

不動産投資見通しで首位、香港回避の恩恵(14:54)

製造業の転職希望が75%超 富士通系、昇給制度など改革推進(11/14)

トヨタ、10月の販売数は14%減の7200台(11/14)

高速道路サービス社、今年の業績下方修正(11/14)

北部のサパ空港計画改定、運輸省が承認(11/14)

LNGの需要拡大、20年に国内生産上回るか(11/14)

ハナ銀、ベトナム投資開発銀の第2位株主に(11/14)

石炭と原油の輸入が急増、電力需要増加で(11/14)

車部品アジア、越に建設コンサルの孫会社(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン