• 印刷する

海事調整相、ブノア湾工事で環境破壊認める

インドネシアのルフット調整相(海事担当)は、国営港湾運営会社プラブハン・インドネシア(ペリンド)3がバリ州南部ブノア港周辺で進める埋め立て工事が、環境破壊を起こしていると認めた。埋め立て工事は、コステル州知事の要請で8月22日から中断されている。テンポ(電子版)が10日伝えた。

ルフット調整相は「ペリンド3が砂を適切に処理しなかったため、マングローブ林が破壊された」と説明した。

ブノア港周辺の埋め立てを巡っては、海事担当調整省のリドワン事務次官、ペリンド3のドソ社長、コステル知事が7日に会談した。リドワン事務次官は環境破壊について正式に謝罪したが、「意図的なものではなく、あくまで技術的なミスだった。解決に向けて善処する」と述べた。

ペリンド3は、ブノア港周辺の85ヘクタールに及ぶ海域の埋め立て工事を実施。工事によって17ヘクタールのマングローブ林が破壊された。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(17:35)

今年の住宅市場、堅調に推移=地場調査(14:19)

国営ガス、中国企業とLNG分野で協力事業(16:28)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

テイクオフ:7年ぶりにジャカルタに…(02/19)

デビットカードは衰退するか 19年取引額、7年で初の1桁成長(02/19)

1月の自動車部品輸入額、完成車の3倍(02/19)

自動車5社、CEPA批准で豪に参入検討(02/19)

アストラの自動車販売速報値、1月は3%減(02/19)

グローリー560販売台数、昨年は1275台(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン