• 印刷する

テイクオフ:韓国の法務大臣に任命さ…

韓国の法務大臣に任命された曺國氏は、家族を巡るさまざまな疑惑のために法相候補でありながら検察の捜査を受けた。結局彼は、妻が起訴された初の法相という汚名を背負うことになった。

曺氏の捜査のカギを握っている尹錫悅検察総長は、朴槿惠前大統領の捜査を進めた人物だ。文大統領の指名で就任した「友軍」のはずだったが、彼の剣は今、曺氏に向けられている。「私は人に忠誠を尽くしません」。彼は、13年に語った言葉をしっかりと貫き通している。

現在の検察組織を守りたい尹総長と検察改革で組織を変えたい曺氏。朴前大統領の捜査の過程ですでに大きな変化が起きた検察にとって、曺氏の就任が持つ意味は小さくない。

法学教授として道を歩んできた曺氏が、自分の家族を捜査している検察を相手にどんな動きを見せるのか。捜査結果に韓国国民の関心が高まっている。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

観光誘致元年、課題は山積 中国人が激増、日本はこれから(10/24)

テイクオフ:韓国人は海外旅行に出か…(10/24)

30代のソウル「離脱」加速 不動産高騰、再上京は難しく(10/24)

【アジアを走れ、次世代モビリティー】モータリゼーションめぐる課題解決に向けて(10/24)

ルノーサムスン、ローグ後続車の生産白紙に(10/24)

韓国系カーシェア、マレーシア事業を拡大(10/24)

現代自副会長がビジョン、PAVなど主軸に(10/24)

現代自、中国商用車合弁を完全子会社か(10/24)

ハイニックスが特許侵害、米国で予備判決(10/24)

LGの旗艦スマホ、日本で2年ぶり発売(10/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン