• 印刷する

テイクオフ:韓国の法務大臣に任命さ…

韓国の法務大臣に任命された曺國氏は、家族を巡るさまざまな疑惑のために法相候補でありながら検察の捜査を受けた。結局彼は、妻が起訴された初の法相という汚名を背負うことになった。

曺氏の捜査のカギを握っている尹錫悅検察総長は、朴槿惠前大統領の捜査を進めた人物だ。文大統領の指名で就任した「友軍」のはずだったが、彼の剣は今、曺氏に向けられている。「私は人に忠誠を尽くしません」。彼は、13年に語った言葉をしっかりと貫き通している。

現在の検察組織を守りたい尹総長と検察改革で組織を変えたい曺氏。朴前大統領の捜査の過程ですでに大きな変化が起きた検察にとって、曺氏の就任が持つ意味は小さくない。

法学教授として道を歩んできた曺氏が、自分の家族を捜査している検察を相手にどんな動きを見せるのか。捜査結果に韓国国民の関心が高まっている。(智)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:子育ては子どもから愛と…(07/06)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

【日韓対立】政治が翻弄、企業に吹く逆風 輸出管理の厳格化から1年(上)(07/06)

カタール航空やティーウェイ、HCM便再開(07/06)

新型コロナ感染者、61人増の1万3091人(07/06)

プラサック、韓国国民銀から1.5億ドル調達(07/06)

検察が邦人に懲役6月求刑、隔離命令違反で(07/06)

慰安婦像周辺の集会禁止、コロナ対策で(07/06)

韓国エーステック、越工場の増設で追加出資(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン