• 印刷する

豪テレビ広告好感度、チョコ菓子が1位

オーストラリアのテレビ広告市場で、認知度・好感度を表す指標「Qスコア」が7月に最も高かったのが、チョコレート菓子モルティーザーズ(Maltesers)だったことが分かった。最新の調査では、テレビ広告が記憶に残りやすいとしたオーストラリア人が62%となり、オンライン広告の38%と比べ高くなっていることも明らかになっている。オーストラリアンが伝えた。

テレビ業界のアドバイザー、オーディエンス・ネットワーク・オーストラリア(ADA)は、主要年齢層である25~54歳の視聴者を対象に、広告を見た消費者が後で広告を覚えているかどうかを判定する広告想起率(recall rate)、および広告の全視聴者数における、視聴後に行動が変化した消費者数の割合を示す説得率(persuasion rate)を測定。その結果、板チョコタイプのモルティーザーズの広告については、広告想起率が60%、説得率が50%以上と高い数値を記録したという。

ADAのキャストラン社長は「テレビ局は、広告を飛ばされにくいようさらに工夫する必要がある」との見解を述べた。

Qスコアは従来、テレビ番組の人気や、テレビ広告の成功度合いを測定する際に使われる。テレビ局が番組のキャスティングをする際や、広告主がブランドの宣伝に起用する有名人を決める際などにスコアが参照されていた。2010年以来は使用されてこなかったが、20年から使用が再開される見込みで、今回ADAがこれに先行して調査を行った。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 食品・飲料メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

豪労使機関が賃金凍結に初合意、企業救済で(18:51)

退職年金の早期引出し、既に36万人が申請(18:49)

豪観光業、コロナ流行収束後も回復困難か(18:50)

テイクオフ:ニューサウスウェールズ…(04/06)

豪NZ新車販売、大打撃 消費者買い控えで3月は2桁減(04/06)

豪トヨタ、地場車関連ソフトウエア企を買収(04/06)

全日空、13日から羽田―シドニーを減便(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン