• 印刷する

8月の日系自動車販売数14%減、8カ月連続

インドネシアの日系自動車8メーカーの新車販売台数(ディーラーへの出荷ベース)は、8月は前年同月比14%減の8万4,450台だった。前月比は増加したものの、前年同月比は年初から8カ月連続減となった。

NNAの聞き取りで明らかになった。聞き取った8メーカー全てが減少、うち5メーカーが2桁減となった。乗用車5メーカーは、いずれも前年同月から約2,000~3,000台減少した。

前月比は1%増加した。イスラム教の断食明け大祭(レバラン)を挟んだ長期休暇で販売台数を落とした6月から2カ月連続で増えた。

1~8月累計の販売台数は前年同期比14%減の62万714台。全8メーカーが落ち込んだ。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タクシー運転手が隣の州…(04/01)

アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

コロナ対策の支出2.7兆円、財政赤字5%に(04/01)

外国人の入国・トランジットを当面禁止(04/01)

ガルーダ、バリ―成田直行便も4月減便(04/01)

地方政府の特別割り当て予算、実行中止要請(04/01)

銀行が救済策、新型コロナで窮状の企業対象(04/01)

低所得層向け電気料金、無償化や5割引きに(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン