• 印刷する

テイクオフ:植物由来のタンパク質を…

植物由来のタンパク質を原料にした「植物肉」が、中国でも注目され始めている。ある企業は中秋節に合わせて植物肉の月餅を発売した。通販サイトを見ると、消費者の感想は「おいしい」とおおむね好評だ。

そもそも中国には「素食」と呼ばれる精進料理の文化があり、植物タンパク質から肉に似せた料理を作り、それを食べることには違和感がないのかもしれない。ただ、いま話題の「植物肉」は中国語では「人造肉」と表現されており、この字面からはいかにも近未来の工業製品というイメージがつきまとう。実際に人造肉は現時点では広く受け入れられてはいないという地元紙報道もある。

さらに個人的に言えば、当地の一部加工食品はいまだに「何が入っているか分からない」という不安が残る。これは現地の消費者でも同じではないだろうか。人造肉の議論よりも前に、改善すべき根本的なことがあるような気がする。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 食品・飲料社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中韓越の非合金鋼製品、不当廉売で調査開始(21:01)

テイクオフ:「ダナン発最終便」とい…(03/30)

28日から外国人の入国停止 ビザや居留許可の保持者も対象(03/30)

中国、新型コロナ対策で検査キットなど寄贈(03/30)

国際線運航、1社週1便に制限(03/30)

財政赤字を拡大へ、政策パッケージ策定(03/30)

鴻海傘下の鴻騰、マスク生産認可取得(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン