官民出資でインドの土壌改善へ=砂漠化会合

官民の共同出資による風致保全の取り組みで、インドで最大200万ヘクタールの土地の質が改善する見通しだ。このうち195万ヘクタールはインド南部のカルナタカとアンドラプラデシュの2州に、残りはインド北東部の高地や中央部の乾燥地帯、沿岸部などにそれぞれ位置する。ビジネス・…

関連国・地域: インド
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの空港のセキュリ…(09/19)

中国勢がスマホシェア争い ネット販売加速、実店舗も強化(09/19)

オープンセルのテレビパネル、関税撤廃(09/19)

中国と国境画定へ共同調査、24年ぶり(09/19)

マヒンドラ、バングラで完全子会社設立(09/19)

タタ自、英ワット3ワーズとナビで提携(09/19)

露から原油の調達強化、アラムコ攻撃で検討(09/19)

欧州の耐火物大手、企業買収で印事業を拡張(09/19)

製紙JK、年産能力引き上げに200億ルピー超(09/19)

防衛産業、25年は260億ドル規模(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン