• 印刷する

現代・起亜のEV販売、世界5位に浮上

韓国・現代自動車グループの2019年上期の電気自動車(EV)販売台数が、世界5位に浮上したことが分かった。9日付聯合ニュースが伝えた。

現代自グループによると、上期の世界販売は現代自動車3万963台、起亜自動車1万3,875台の計4万4,838台で、前年同期の約2.4倍に増えた。現代自の「コナEV」と起亜自の「ニロEV」が好調だった。

英調査会社IHSマークイットによると、EV世界市場で現代自グループのシェアは6.5%だった。これは米テスラ、中国・比亜迪(BYD)、ルノー日産アライアンス、上海汽車集団(SAIC)に次ぐ5番目の規模で、昨年上期(4.1%)の9位から大きくランクを上げた。

EVの世界市場は急成長しており、19年上期の普及台数は70万4,000台となった。エコカー全体にEVが占める割合も、14年の8.7%から19年上期は30.6%に拡大した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国プロ野球(KBO)…(12/11)

大気汚染減へ石炭発電停止も 規制監視を強化、効果には疑問符(12/11)

11月車販売は4%減の33万台 13カ月連続減少、下げ幅は鈍化(12/11)

政府系ら銀行3行、LG化学の電池事業支援(12/11)

財務悪化のCJ、資産売却で改善図る(12/11)

ラート、ラオスの水力発電所が商業運転開始(12/11)

韓国製EV電池、中国で補助金対象に(12/11)

韓国新世界、ビンGとレジャー施設建設へ(12/11)

CJハロー、LGハロービジョンに社名変更(12/11)

現代自「コナ」、2年連続EV販売トップに(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン