• 印刷する

テイクオフ:毎年15万人近くが交通…

毎年15万人近くが交通事故で亡くなっているインドで、ここ数日は多くの市民が交通ルールを守っているように感じられる。政府がこのほど道路交通の罰則を強化したことが関係している。違反者に科す罰金は少なくとも2倍、場合によっては20倍に引き上げられた。

急激な変化に町では混乱が生じている。ある男性は、バイクの酒気帯び運転で1万1,000ルピー(約1万7,000円)の罰金を科され、怒りのあまり乗っていた車両に火を付けた。またある男性は2万3,000ルピーという高額な罰金に憤慨する。彼が1万1,000ルピーで購入した中古バイクの2倍以上に当たる金額だ。

こうした出来事がニュースになって広まったため、交通ルールに注意を向ける市民が増えたようだ。ただ、一部の州政府は罰則が厳しすぎるとして、中央政府に規則の見直しを求めている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

工作機械輸出、6月は34%減 主力が不振、見通しを下方修正(07/10)

新興投資、上期は2桁減 景気低迷とコロナの二重苦で減少(07/10)

新型コロナ、新興の7割に打撃=FICCI(07/10)

横河電機、日印ファンドへの出資で合意(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

農業インフラ投資への支援策、内閣が承認(07/10)

双日の関連企業、印バジャジの二輪車を発売(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン