月面着陸装置を発見、通信回復目指す

【ニューデリー共同】インド宇宙研究機構(ISRO)は8日、月面着陸の直前に通信が途絶した無人月探査機「チャンドラヤーン2号」の着陸装置の位置を月面で特定したことを明らかにした。月を周回中のチャンドラヤーン2号の衛星が画像を捉えたという。PTI通信が伝えた。 I…

関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本では10月からの消…(10/18)

日本ブランドの家電、印で生産 地場が山水とナカミチを発売(10/18)

バジャジ、来年1月に電動スクーター発売(10/18)

ダイムラー、BS6対応パワートレイン生産(10/18)

MGモーター、EV充電で新興企業と提携(10/18)

バッテリーのエキサイド、eリキシャ市場に参入(10/18)

ブルースター、エアコンでシェア15%目標(10/18)

インドの携帯電話工場、半数超が操業停止(10/18)

インターネット企業、7~9月に40億ドル調達(10/18)

京セラ、東部オディシャにIT専門学校を開設(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン