カジノ6社の上期業績に明暗 下期は抗議活動の影響が浮上か

香港に上場するマカオカジノ大手6社の2019年6月中間期決算が出そろった。米MGMリゾーツ傘下、美高梅中国控股(MGMチャイナ)は純利益が前年同期比で4割超伸びたのをはじめ、3社が増益を達成。一方、残る3社は減益に沈み、明暗が分かれた。今後は香港で続く社会的混乱の…

関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(17:43)

新型肺炎患者、新たに2人確認=計65人に(16:46)

テイクオフ:最近の香港人共通の話題…(02/20)

旅客数、2月中旬は98%減 ホテル業界、人員削減が本格化(02/20)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(02/20)

新型肺炎で2人目の死者、感染者63人に(02/20)

小売り50業者、14の商業施設で一斉スト(02/20)

失業率、小売り・飲食などは6%台に上昇も(02/20)

HSBCの人員整理、「アジアは小規模」(02/20)

恒生銀、19年本決算は3%増益を確保(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン