• 印刷する

ロビンソンズ、都市開発でコンド2棟着工

フィリピンの財閥ゴコンウェイ系の不動産開発会社ロビンソンズ・ランド(RLC)は5日、マニラ首都圏で進める都市開発プロジェクト「ブリッジタウン」で、2棟のコンドミニアムを着工したことを明らかにした。6日付ビジネスワールドが伝えた。

着工したのは「ロビンソン・コミュニティー」ブランドの「シーラス」(40階建て)と、香港企業と共同で建設する「ベラリス」(40階建て)。総戸数は合わせて約2,000戸に上る。シーラスは既に80%超が成約したという。

フレデリック・ゴー社長によると、シーラスは大半が25平方メートル規模のワンルーム・タイプで、販売価格は300万ペソ(約618万円)以上。ブリッジタウン内のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業の従業員が主な対象となる。ベラリスは高価格の物件で、ブリッジタウン内や近隣地域で働く上級専門職による購入を想定している。

ブリッジタウンはRLCが手掛ける初の都市開発事業。ケソン市とパシッグ市にまたがる30.61ヘクタールの用地に、コンドミニアム、オフィスビル、商業施設、ホテル、学校、病院、交通ターミナルを開発する。10~15年の完工を見込んでいる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:こわもての議員は誰かと…(07/06)

マニラ空港、第3ターミナルの運用再開(07/06)

コロナ感染新たに2434人、累計4万4254人(07/06)

「反テロ法」が成立、治安当局の権限強化(07/06)

上位中所得国入りならず、世銀の所得分類(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン