• 印刷する

労働許可証による収入2億ペソも、労働省

フィリピン労働雇用省は、2019年の外国人労働許可証(AEP)の発行手数料による収入が18年を上回る見込みだと明らかにした。通年で2億ペソ(約4億1,000万円)を超えると予測している。5日付ビジネスミラーが伝えた。

AEPの発行手数料は、1~7月で1億6,600万ペソだった。昨年通年では前年比17.9%増の2億2,400万ペソと大幅に増加した。AEP1件当たりの手数料は9,000ペソ。

同省の地方雇用局(BLE)によると、AEPの発行件数は6月末時点で5万2,450件。昨年通年の5万4,251件を上回るペースだという。

労働雇用省のベナビデス次官補は「短期就労のための特別就労許可(SWP)からAEPに切り替えるための申請が増加している」と説明した。特にAEPの申請が義務化された、オンラインカジノ事業者(POGO)からの申請が相次いでいるとみられる。

外国人の就労許可は、労働雇用省がAEPを、入国管理局(BI)がSWPとAEP取得までの暫定労働許可(PWP)をそれぞれ発行している。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに1531人、累計4万336人(07/03)

比商議所、ビジネス目的の往来再開を要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

MRT3号線、改修作業の90人コロナ陽性(07/03)

コロナ感染新たに294人、累計3万8805人(07/03)

旧式ジプニー6千台、3日から運行再開(07/03)

首都圏などの制限緩和を要請、経済区庁(07/03)

マニラ空港、渡航制限で経営難も=上院議員(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン