• 印刷する

イオングループ、モン州の洪水被害に支援金

イオングループはこのほど、モンスーンによる豪雨で大きな被害を受けたミャンマー東部モン州の被災者支援を目的に、計3万5,000米ドル(約373万円)を社会福祉・救済復興省に贈呈した。グループ店舗などで来店客や従業員を対象に募金を行ったほか、グループ各社、財団が拠出した。

ミャンマーでスーパーマーケットなどを展開するイオンオレンジ、割賦販売事業を手掛けるイオンマイクロファイナンス(ミャンマー)、イオンフィナンシャルサービスのタイ現地法人イオンタナシンサップ(タイランド)、ミャンマーに駐在事務所を置くイオンモール、公益財団法人イオン1%クラブが支援金を拠出した。

また、イオンオレンジとイオンマイクロファイナンス(ミャンマー)は、8月22~28日の期間、店舗や事業所などの合計18カ所で緊急支援募金を実施した。

ミャンマーでは、8月からの豪雨により、全国各地で洪水や土砂崩れが発生した。同月22日時点で約8万人が約160カ所に設置されたキャンプに避難している。特にモン州では小規模な土砂崩れが続き、沿岸部のイェー郡区では一時物流が寸断されるなどの影響もあり、現在も復旧活動が続けられている。

イオングループはミャンマーの洪水被災者に向けて緊急支援募金・支援金を贈呈した。右から3人目はウィン・ミャ・エー社会福祉・救済復興相=8月31日(イオン提供)

イオングループはミャンマーの洪水被災者に向けて緊急支援募金・支援金を贈呈した。右から3人目はウィン・ミャ・エー社会福祉・救済復興相=8月31日(イオン提供)


関連国・地域: タイミャンマー日本
関連業種: 食品・飲料金融小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

貿易赤字が18億ドルに拡大、7月初めまで(07/14)

中国国境の新通関システム、来年導入へ研修(07/14)

72%が非接触型カードに関心、米ビザ調査(07/14)

畜産品向け冷蔵倉庫建設を計画、世銀支援で(07/14)

新たに1人感染確認、累計331人=13日朝(07/14)

バガンのパゴダで参拝許可、1日200人(07/14)

制裁検討のEU、監視使節団派遣を延期(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン