首都の戸建て住宅、30年には3倍増の45万戸

カンボジアの首都プノンペンの一戸建て住宅は、2030年に18年比で約3倍の約45万戸以上に達する見通しだ。不動産コンサルタント会社のVトラスト・アプレイザルが予測した。クメール・タイムズ(電子版)が4日に伝えた。 Vトラストはこのほど公表した報告書「プノンペン2030」で…

関連国・地域: カンボジアフィリピン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クルーズ船乗員も陰性、近く出航(02/21)

衣料H&M、EU経済制裁で生産体制見直し(02/21)

シンガ企業、南部でSEZなどに投資検討(02/21)

ブカシ当局、中国人作業員の隔離を要請(02/21)

センチュリー21FC、販売代理人4千人雇用(02/21)

【カンボジア経済通信】特恵関税問題と新型肺炎が重荷に 第354回(02/21)

LINEタイランド、東南アに動画配信拡大(02/21)

クルーズ乗客「陰性」 日本、タイへ出国(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン