首都の戸建て住宅、30年には3倍増の45万戸

カンボジアの首都プノンペンの一戸建て住宅は、2030年に18年比で約3倍の約45万戸以上に達する見通しだ。不動産コンサルタント会社のVトラスト・アプレイザルが予測した。クメール・タイムズ(電子版)が4日に伝えた。 Vトラストはこのほど公表した報告書「プノンペン2030」で…

関連国・地域: カンボジアフィリピン
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

20年の経済成長はやや減速、世銀予測(10/14)

1~8月の投資認可額46%増、中国が3割超(10/14)

中銀とメイバンク、電子送金業務などで提携(10/14)

台湾の陽明海運、カンボジア含む路線新設(10/14)

日立の昇降機、21年度までにシェア25%目標(10/11)

電子商取引と社会保障の法案、下院で可決(10/11)

上場5社の時価総額、証取所開設以来で最高(10/11)

建設法案、下院が全会一致で承認(10/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン