• 印刷する

テイクオフ:久しぶりに訪れたインド…

久しぶりに訪れたインドネシアの首都ジャカルタで、今年3月に開業した都市高速鉄道(MRT)に乗車してみた。渋滞の激しいジャカルタでは初の都市鉄道だ。

ラッシュアワー時は1時間以上かかる道のりを10分余りで通り抜けることができ、驚きを隠せなかった。円借款事業のため、工事に携わった日本の企業・団体の関係者も商用運転の開始時には、さぞ感慨深かったことだろう。別の通りでは、軽量軌道交通(LRT)の建設も進んでいる。MRTも今後、第2期以降のプロジェクトが控えているほか、2035年までに計10路線とする案も持ち上がっている。

ただ今回の訪問でも首都の渋滞がまだ激しいことを痛感した。タクシーで目的地に向かっていた際、約束の時間に間に合いそうにないため車外へ飛び出した。都市鉄道が順調に整備されれば渋滞も幾分和らぐのだろう、と思いながら歩道を突き抜けた。(樹)


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】訪日旅行者の需要取込へ JRホテル、海外初の商談会(10/18)

ビアードパパ運営社、カレーパン専門店開業(10/18)

ゲンダイエージェンシー、カジノ事業から撤退(10/18)

スタートアップ投資額、3Qは前年比36%増(10/18)

3Qホテル投資額、過去最高の28億米ドル(10/18)

不動産サイト新興企業、豪社と2カ国展開へ(10/18)

遺伝子データバンク、アジア人の8割カバー(10/18)

中小企業の65%、サイバートラブル経験(10/18)

7カ月連続輸出減、底入れまだ 通年は10年ぶり低水準の声も(10/18)

5G通信事業者、国内4者を選定へ(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン