• 印刷する

マニラ空港の拡張工事、20年前半に始動

フィリピンのトゥガデ運輸相は、マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)を修復・拡張する計画が2020年1~6月にも始動すると明らかにした。計画案を審議する国家経済開発庁(NEDA)の投資調整委員会(ICC)が今月開催される。ビジネスワールドなどが伝えた。

トゥガデ運輸相によると、政府はコングロマリット(複合企業)7社で構成するNAIAコンソーシアムによるNAIA修復・拡張の計画案と他社の対案を審査し、計画案の最終承認を付与する作業を向こう6カ月で実施する考えだという。

コンソーシアムによる計画案は、ICCの承認を受ければ、ドゥテルテ大統領を委員長とするNEDAの役員会の審議に掛けられる。

コンソーシアムによる計画案は、NAIAの修復・拡張により、現在の旅客処理能力(年間3,050万人)を2年で年間4,700万人、4年で年間6,500万人に増やすことを目指す。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎年恒例の「Qシネマ国…(10/23)

邦銀マネーも東南アにシフト 与信1年で1割増、中韓と明暗(10/23)

税制改革で投資見直し 外資2社が示唆、コスト増懸念(10/23)

商工団体、税制改革法案の細部見直し要求(10/23)

発電所建設計画、太陽光が石炭火力上回る(10/23)

メラルコ電力小売事業、自由化でシェア低下(10/23)

新興スーパー、初のフランチャイズ契約(10/23)

アプリで金融促進、サリサリ130万店に(10/23)

【グラフでみるASEAN】輸出額(8月) 4カ国で前年割れ、ベトナムは過去最高(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン