• 印刷する

和食さと、22年までに台湾30店展開へ

レストランチェーン「和食さと」などを運営するSRSホールディングスは、和食さとの台湾店舗数を2022年に30店まで広げる計画だ。現在の6店から5倍となる。台湾中部・北部での展開を進める。

今月中旬には台中市西区の商業施設「金典緑園道商場」に、台湾6店目となる新店をオープンした。台中市では2店目。しゃぶしゃぶの食べ放題を499元台湾元(約1,680円、大人料金)、寿司、天ぷらなどその他の日本料理を含めた食べ放題を539元でそれぞれ提供する。日本の店舗と同様に、各席に設置されたタブレットを通じて注文し、食べ放題の残り時間を知らせる機能なども付けた。

SRSホールディングスの担当者は、「日本の店舗は郊外型だが、台湾では都市部を含めたショッピングモールなどに出店している。今後は店舗面積を広げるため、既存の店舗とは異なる立地での出店も検討していく予定」と話した。

和食さとの台湾1号店は10年10月にオープン。台湾では全額出資子会社の台湾上都餐飲が運営を手掛け、現在は台北市や新北市、桃園市、台中市に店舗を持つ。タイとインドネシアでも店舗展開している。

台中市にオープンした「和食さと台中金典緑園道店」(同社提供)

台中市にオープンした「和食さと台中金典緑園道店」(同社提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:清明節の連休中、新型コ…(04/08)

在宅消費が月300億元増加 新型コロナ背景に、宅経済活発化(04/08)

鴻海の3月売上高、生産回復で前月比6割増(04/08)

TSMCが216億元起債、生産拡大へ(04/08)

2Qのサーバー出荷量、2桁成長見込めず(04/08)

除菌機能付き家電の販売好調、コロナ対策で(04/08)

飲食業の売上0.5%増、17年で最低の伸び幅(04/08)

農・漁業への新型コロナ予算、20億元を追加(04/08)

台中林酒店、半年で損失2億元超えも(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン