• 印刷する

衣料エスプリ、軍系縫製工場からの調達停止

香港のアパレル製販大手エスプリ・ホールディングスは、ミャンマー国軍と関連があるとされる同国の縫製工場からの調達を停止すると発表した。ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題について、国連人権理事会(UNHRC)の調査団が先ごろ発表した報告書を受けて決めた。ミッジマ(電子版)が28日伝えた。

業界誌エコテキスタイル・ニュース(電子版)によると、調査団が国連安全保障理事会と加盟国に対して、国軍系企業に制裁を科すよう促したことを受け、エスプリは国軍系縫製工場からの調達の停止を決定した。

ファッションブランドでは、スウェーデンのH&M(ヘネス・アンド・マウリッツ)とデンマークのベストセラーも、ミャンマー国軍との関連を断つために同国縫製工場からの調達を再検討する方針を示している。

UNHRCの調査団は報告書で、「ミャンマー国軍は、国軍系企業の利益を利用して、重大な人権侵害を続け、その罪からも逃れている」と批判。「国軍は何年にもわたり、少数民族に対する残酷な軍事活動に国軍系企業の収益を投入している」と指摘した。


関連国・地域: 香港ミャンマー
関連業種: 繊維政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国産アボカド、来月から試験輸出を開始(13:06)

責任、持続性ある投資が必要 スー・チー氏が日本企業に要望(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

首相が即位礼外交、スー・チー氏らと会談(10/22)

ヤンゴンの緑地、1人0.4平方メートル(10/22)

ヤンゴン空港の旅客数、1~9月は6.5%増(10/22)

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討(10/22)

今年のタイ国境からの観光客、100万人へ(10/22)

19年度FDI、海上鉱区の開発増で拡大へ(10/22)

スターバックス、投資の棚上げ延長(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン