宿泊分野の特定技能初取得、ベトナム人

【共同】外国人労働者受け入れを拡大しようと始まった「特定技能1号」の制度で、観光庁は28日、ベトナム人1人が宿泊分野の資格を初めて取得したと発表した。訪日客の急増に伴い、宿泊業は人手不足が慢性化。政府は5年間で最大2万2,000人の特定技能外国人を受け入れる方針だ。 …

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

コロナがCLMV貿易に影 対タイ、5月は輸出入とも2桁減(07/14)

Thacoが輸出拡大、タイに起亜80台輸出(07/14)

トヨタ1~6月の販売、32%減の2.6万台(07/14)

南北高速道の事業者選定、新たな基準追加へ(07/14)

港湾貨物取扱量、1~6月は7%の伸び(07/14)

ホーチミン市の交通インフラ、実行率は16%(07/14)

農水産物の競争力向上、物流コスト削減が鍵(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン