• 印刷する

インダストリー4.0の訓練開始、年内に4千人

マレーシア貿易産業省(MITI)傘下のマレーシア自動車・ロボティクス・IoT研究所(MARii)は28日、デジタル技術を使い製造業などの革新を目指す「インダストリー4.0」(第4次産業革命)の工業訓練プログラムを始動したと発表した。年内に4,000人の育成を目指す。

工業訓練プログラムの参加者に座学修了証を手渡したレイキン貿産相(後列右から2人目)=28日、スランゴール州(NNA撮影)

工業訓練プログラムの参加者に座学修了証を手渡したレイキン貿産相(後列右から2人目)=28日、スランゴール州(NNA撮影)

プログラム参加者は、付加製造、拡張現実(AR)、自律ロボット工学などに関する座学講座を14日間受講した後、実際の工場で150日間の実地訓練を受ける。参加者にはプログラム期間中に手当を支給する。卒業者には、MITIが掲げるインダストリー4.0「インダストリー4WRD(フォワード)」を主導する専門家としての認証(IPC)を授与する。

座学講座は、国立マラ工科大学(UiTM)が全国17カ所のキャンパス、実地訓練はMARiiと提携する27社でそれぞれ行う。プログラムは2週間前に開始しており、現在は1,185人が参加している。

ダレル・レイキン貿易産業相は「経済成長を進める上で人材開発は鍵になる」と指摘。MARiiが、インダストリー4WRDで同プログラムを皮切りにさまざまな取り組みを展開すると説明した。

同相はまた、新たな国家自動車政策(NAP)案の策定が最終段階にあり、年内に発表できるとの見通しを示した。新NAPには、インダストリー4.0、次世代自動車(NXGV)、MaaS(マース、移動手段のサービス化)、人工知能(AI)など最新の産業・技術動向が盛り込まれる見通しだ。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 自動車・二輪車その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアの人々の間で…(07/15)

5月失業率、5.3%に上昇 返済猶予終了で10月から再上昇も(07/15)

マレーシアとの出入国制限、8月10日に緩和(07/15)

駐在員の出入国で要許可、休暇目的は認めず(07/15)

<資料>出入国時の入管許可などの要否(07/15)

RM1=25.1円、$1=4.27RM(14日)(07/15)

株式の取引停止条件改定、半年ぶり高値に(07/15)

テクスケム、株価高騰でブルサから警告(07/15)

コロナ後の新たな信用評価基準必要、BSN(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン