• 印刷する

テイクオフ:「シンガポールを代表す…

「シンガポールを代表する象徴的な建造物といえば?」。真っ先に思い浮かぶのは、湾岸部で口から水を吐き出すおなじみの「あれ」だが、シンガポール人にとっては違うようだ。

シンガポール国立大学(NUS)公共政策研究所(IPS)が実施した「アイコン的建造物」の人気調査によると、最も多く名前が挙がったのはチャンギ空港の管制塔だった。1981年に稼働した建物ということもあり、特に49~70歳で回答率が高かった。塔のてっぺんにゴルフボールのような白い球がのっているのが特徴的だ。空港施設は改修を経て変わっても、管制塔は昔と変わらぬ姿でたたずんでいることが、どこか安心感を与えてくれるのではないか。

象徴的建造物で2位だったマーライオンに比べると地味な印象だが、シンガポール人にとっては、マーライオン以上に頻繁に目にする身近な存在なのだろう。(雪)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:来月9日は、シンガポー…(07/14)

【ASEAN戦略】ニューノーマルの需要に焦点 オカムラ、在宅勤務や職場設備で(07/14)

躍進の労働者党、他野党と共闘へ(07/14)

外国人12人を強制退去、感染対策違反で(07/14)

分散型台帳の新決済技術、商業化にめど(07/14)

シンガポール航空、定期便の運航本数拡大(07/14)

再生木材メーカーKLW、通期の赤字拡大(07/14)

トヨタ、地場社の社員送迎を効率化(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン