• 印刷する

首都移転に反対「約4割」=民間世論調査

インドネシアの世論調査機関クダイ・コピは27日、首都移転に関する世論調査の結果を発表した。全国平均で39.8%が移転に「反対」しており、「賛成」との回答(35.6%)を上回ったことが明らかになった。

最も反対が多かったのはジャカルタの住民で、96%近くが反対を表明した。逆に賛成の回答が最も多かったのはスラウェシ島の68.1%で、新首都に決定したカリマンタン島の48.1%を上回った。

クダイ・コピのクント・ウィボウォ取締役は「ジャカルタの反対が最も多かったのは想定内だった」とコメント。首都移転後のジャカルタの将来像が不明瞭なことや、首都移転に伴う影響に政府がどう取り組んでいくかの情報が不足していることが、反対の背景にあると分析した。

クダイ・コピ創設者のヘンドリ・サトリオ氏は、ジョコ・ウィドド大統領がこの時期に首都移転を発表した理由について、◇歴史に名を残したいと考えた◇連立与党が過半数を押さえている国会から承認を得られると確信した◇包括的かつ総合的な調査の結果を踏まえた――との見方を示した。その上で「首都移転のプロセスを急ぐことなく、国民に情報を開示していくことが必要」と述べた。

調査は14~21日に、全国34州で1,200人をランダムに抽出し、面接方式で実施した。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

医師会が病床不足に警鐘 患者受け入れ拒否の病院も(08/14)

上半期のパーム油輸出額は6.4%増(08/14)

タックスアローワンスの申請、オンライン化(08/14)

年内は外国人観光客受け入れず=調整相(08/14)

国内タイヤ工場、上半期の稼働率は6割(08/14)

地場スンバー、中国社とバタムにEV工場(08/14)

国営建設WIKA、下半期は受注高5倍目標(08/14)

イオンモール1号店、1週間ぶりに営業再開(08/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン