• 印刷する

ヤンゴンに中国専用工業団地の提案

ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)のゾー・ミン・ウィン会頭はこのほど、中国の経済界がミャンマーに両国の企業専用の工業団地の開発を提案していることを明らかにした。27日付国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが伝えた。

ミン・スエ副大統領と民間企業家との第29回会合の席で明らかにした。

ゾー・ミン・ウィン会頭によると、最大都市ヤンゴン西部ラインタヤ郡区に集中的に立地している中国系企業の経営者たちから、中国とミャンマー企業専用の工業団地を持ちたいとの要望があったという。同会頭は「責任ある投資なら歓迎する」と話した。

ヤンゴンには現在、29カ所の工業団地があり、管区政府はラインタヤ、シュエピタ、ダゴンミョティト郡区などで、民間の開発業者に土地を販売している。

中国はミャンマーにとってシンガポールに次ぐ第2の投資国で、1988年から19年7月までの累積投資額は約208億米ドル(約2兆2,000億円)に達している。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ下で安定操業が継続 ティラワ、新たに2社が進出へ(07/17)

外国人による上場株取得、3万9千株に(07/17)

南部のエビ養殖・加工など、投資5件認可(07/17)

外国投資額が46億米ドルに、目標達成見通し(07/17)

非公開所得の税率引き上げ、来年度から(07/17)

新たな感染確認なし、累計337人=16日朝(07/17)

日本空調サービス、連結子会社の事業停止(07/17)

帰国者続き、政府のコロナ隔離施設ひっ迫(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン