• 印刷する

ヤンゴンに中国専用工業団地の提案

ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)のゾー・ミン・ウィン会頭はこのほど、中国の経済界がミャンマーに両国の企業専用の工業団地の開発を提案していることを明らかにした。27日付国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが伝えた。

ミン・スエ副大統領と民間企業家との第29回会合の席で明らかにした。

ゾー・ミン・ウィン会頭によると、最大都市ヤンゴン西部ラインタヤ郡区に集中的に立地している中国系企業の経営者たちから、中国とミャンマー企業専用の工業団地を持ちたいとの要望があったという。同会頭は「責任ある投資なら歓迎する」と話した。

ヤンゴンには現在、29カ所の工業団地があり、管区政府はラインタヤ、シュエピタ、ダゴンミョティト郡区などで、民間の開発業者に土地を販売している。

中国はミャンマーにとってシンガポールに次ぐ第2の投資国で、1988年から19年7月までの累積投資額は約208億米ドル(約2兆2,000億円)に達している。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

米食文化の市場にパン浸透 ベーカリー増、小麦輸入も伸び(11/18)

日系リンクルージョン、新たに資金調達(11/18)

観光、人材活用でミャンマーと連携、日商(11/18)

ヨマ、ウェーブ・マネー株を買い増し(11/18)

工業省と計画・財務省、国会で合併審議(11/18)

ザガインのダムで貯水量減少、夏季作に影響(11/18)

政府と北部同盟の第3回和平協議、無期延期(11/18)

伊エニ、マンダレーの陸上鉱区で探査開始へ(11/18)

ヤンゴンの「68レジデンス」、来年末に完成(11/18)

スー・チー氏を虐殺で告発、在英ロヒンギャ団体(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン