• 印刷する

たばこ製造など投資2件が認可

ミャンマー投資委員会(MIC)は13日に開いた投資認可会合で、最大都市を管轄するヤンゴン管区でのたばこ製造など2件の投資を認可した。

地場企業ロイヤル・キング・ランド・マニュファクチュアリング&ディストリビューションと、外資100%企業のユーウォン・タンク・ミャンマーが認可を受けた。ロイヤル・キングは、シュエピタ郡区でたばこを製造し、全量輸出する。ユー・ウォン・タンクは、中部バゴー管区バゴー郡区で、二重壁タンクと関連部品の製造、据え付け、販売を手掛ける。

MICの事務局である投資企業管理局(DICA)によると、今回認可された案件による雇用創出見込み数は、計269人。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マイテル、有名パゴダから基地局を撤去(15:13)

鋼材規格化にJIS活用 市場拡大に備え日本が支援(10/18)

フリマアプリのワンチャット、自動車を追加(10/18)

ヤンゴン環状線改修工事、東区間が一部再開(10/18)

昆明航空、昆明―ヤンゴン線を就航(10/18)

タイ住宅開発大手、ミャンマー進出を計画(10/18)

18年度の鉱物輸出額、32%減の14.6億ドル(10/18)

18年度の対中国境貿易、17%減の59億ドル(10/18)

与党NLD、総選挙候補者の半数を再選定へ(10/18)

停戦協定4周年記念式典、28日に首都で開催(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン