電力公社とEVラオ、来年からEVを輸入

ラオス電力公社(EDL)と、電気自動車(EV)関連の開発を手掛けるEVラオは、EVの普及促進に向けたプロジェクトを本格始動した。2020年からEVの輸入を開始する。ラオス・タイムズ(電子版)が26日伝えた。  両者は、EVと化石燃料車のコストや安全性の比較、EVの品…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 自動車・二輪車電機


その他記事

すべての文頭を開く

韓国系LVMC、地場GMSの全株式を取得(12/13)

韓国ティーウェイ、ビエンチャン便開設へ(12/12)

HAGL、水力発電事業から撤退へ(12/12)

インフレで賃上げ求める声、国会に相次ぐ(12/11)

ラート、ラオスの水力発電所が商業運転開始(12/11)

国会が任命の高官、人事評価を実施(12/10)

国会が閉幕、社会経済開発計画など承認(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン