電力公社とEVラオ、来年からEVを輸入

ラオス電力公社(EDL)と、電気自動車(EV)関連の開発を手掛けるEVラオは、EVの普及促進に向けたプロジェクトを本格始動した。2020年からEVの輸入を開始する。ラオス・タイムズ(電子版)が26日伝えた。  両者は、EVと化石燃料車のコストや安全性の比較、EVの品…

関連国・地域: ラオス
関連業種: 自動車・二輪車電機


その他記事

すべての文頭を開く

パクサン税関、1~8月は税収目標未達(09/19)

ヴィエティン銀、ラオス本部を立ち上げ(09/19)

洪水でコメ価格上昇、品薄で輸出にも影響(09/18)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

HAGLアグリコ、ラオスの果物農園が水害(09/18)

シェンクワン空港を改修、世界遺産を活用へ(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン