《安全》デング熱の集団発生地域、8割の認定解除

シンガポールの国家環境庁(NEA)は、デング熱の集団発生が報告された地域1,013カ所のうち、今年に入って8割に当たる854カ所の認定を解除したと発表した。1週間当たりの感染者数が、過去約3年半で最多の水準だった2019年7月7~13日の664人から、8月4~10日に525人まで減…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:例年、秋から年末にかけ…(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

企業数、2年で2倍超に拡大 HRテックビジネス活況(上)(10/22)

空中タクシーの発着場、独社が世界初公開(10/22)

東南アジアのネット購入額、25年に3倍超(10/22)

富士通、2者と最適化・深層学習で共同研究(10/22)

シンガYCH、北部の物流施設を来年着工(10/22)

国立大学と2社、データセンター冷却で提携(10/22)

クラウド市場、年率2割成長=調査結果(10/22)

デジタルワレット、送金事業に参入(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン