• 印刷する

エネ省の電気関連予算、次年度に黒字化予測

ミャンマー電力・エネルギー省は、7月1日から実施された電気料金の引き上げにより、2019年度(19年10月~20年9月)の関連予算の収支が黒字化する見通しを立てている。イレブン電子版が伝えた。

ミャンマー連邦議会の合同公会計委員会が21日に提出した19年度連邦予算法案によれば、同省の電力部門は320億チャット(約22億4,200万円)の黒字を見込む。省全体では7,350億チャットの黒字になり、うち96%に相当する7,030億チャットはエネルギー部門で、残る320億チャットが電力部門からとなる見通しだ。電力部門は18年度まで赤字が続いていたが、電気料金引き上げにより黒字に転じる。

アウン・ミン委員長は、「電気料金を値上げして以降、国民の間で省エネの意識が高まっている」と話した。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

国産アボカド、来月から試験輸出を開始(17:00)

責任、持続性ある投資が必要 スー・チー氏が日本企業に要望(10/22)

【日本の税務】中国との社会保障協定の発効について(10/22)

首相が即位礼外交、スー・チー氏らと会談(10/22)

ヤンゴンの緑地、1人0.4平方メートル(10/22)

ヤンゴン空港の旅客数、1~9月は6.5%増(10/22)

タイ航空、東南ア6路線の廃止を検討(10/22)

今年のタイ国境からの観光客、100万人へ(10/22)

19年度FDI、海上鉱区の開発増で拡大へ(10/22)

スターバックス、投資の棚上げ延長(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン