外国投資、7月までで5割増 輸送通信けん引、単月では2割減

ミャンマー投資委員会(MIC)によると、2018年度(18年10月~19年9月)の海外直接投資(FDI)累計認可額は7月までで、ティラワ経済特区(SEZ)を除いて35億2,620万米ドル(約3,729億円)に達し、前年同期を約5割上回った。うち輸送・通信案件が15億3,840万米ドルを占め…

関連国・地域: 中国香港台湾韓国タイミャンマーシンガポール日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

マイテル、有名パゴダから基地局を撤去(10/18)

鋼材規格化にJIS活用 市場拡大に備え日本が支援(10/18)

フリマアプリのワンチャット、自動車を追加(10/18)

ヤンゴン環状線改修工事、東区間が一部再開(10/18)

昆明航空、昆明―ヤンゴン線を就航(10/18)

タイ住宅開発大手、ミャンマー進出を計画(10/18)

18年度の鉱物輸出額、32%減の14.6億ドル(10/18)

18年度の対中国境貿易、17%減の59億ドル(10/18)

与党NLD、総選挙候補者の半数を再選定へ(10/18)

停戦協定4周年記念式典、28日に首都で開催(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン