• 印刷する

海外資本の18年土地購入、日本は2位に

内政部(内務省)地政司はこのほど、2018年の海外資本による台湾の土地と建物の購入について、国・地域別の面積をまとめた統計を発表し、日本(自然人のみ)の土地購入は6,363.7坪で2位だった。経済日報などが伝えた。

土地購入の1位は、英領バージン諸島(法人のみ)で1万9,382.6坪、3位は香港(自然人と法人の合計)で4,837坪だった。

建物の購入の1位は香港(自然人と法人の合計)で1万5,913坪。2位は英領バージン諸島(法人のみ)で1万3,134.8坪、3位は英領ケイマン諸島(法人のみ)で1万1,476.5坪だった。

台湾に移住する香港市民は近年増加傾向にあるとされる。ただ不動産仲介大手の信義房屋の曽敬徳・不動産企研室専案経理は、「香港は建物購入面積でトップだが、建物売買移転件数の全体から見れば0.2%で、市場価格への影響は一定にとどまる」と指摘した。


関連国・地域: 中国台湾日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、5年内に粗利益率10%目指す(13:56)

テイクオフ:近所のかき氷店はガイド…(11/14)

10年で洋上風力10GW拡大へ 総統が新方針、来年1Qに詳細(11/14)

中華電信、7月に5Gサービス開始(11/14)

光群雷、20年は印やアフリカ展開を強化(11/14)

TSMCの3ナノ工場、20年着工へ(11/14)

半導体商社の大聯大、同業の文曄にTOB(11/14)

三菱ケミカル、台湾3社統合で新会社設立(11/14)

中油、モバイル決済「中油ペイ」開始(11/14)

声宝の台南新工場、20年3Qに量産開始(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン