• 印刷する

海外資本の18年土地購入、日本は2位に

内政部(内務省)地政司はこのほど、2018年の海外資本による台湾の土地と建物の購入について、国・地域別の面積をまとめた統計を発表し、日本(自然人のみ)の土地購入は6,363.7坪で2位だった。経済日報などが伝えた。

土地購入の1位は、英領バージン諸島(法人のみ)で1万9,382.6坪、3位は香港(自然人と法人の合計)で4,837坪だった。

建物の購入の1位は香港(自然人と法人の合計)で1万5,913坪。2位は英領バージン諸島(法人のみ)で1万3,134.8坪、3位は英領ケイマン諸島(法人のみ)で1万1,476.5坪だった。

台湾に移住する香港市民は近年増加傾向にあるとされる。ただ不動産仲介大手の信義房屋の曽敬徳・不動産企研室専案経理は、「香港は建物購入面積でトップだが、建物売買移転件数の全体から見れば0.2%で、市場価格への影響は一定にとどまる」と指摘した。


関連国・地域: 中国台湾日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾では新型コロナウイ…(07/15)

コロナ後急速に経営正常化へ 企業の6割、「3カ月で回復」(07/15)

TSMCが封止投資、エコシステムを構築(07/15)

富士康、中国山西にスマホ生産ライン増設か(07/15)

国巨グループ、テスラ向け製品供給を拡大へ(07/15)

聯強、ゲーミング製品の売上は今年4割増へ(07/15)

禾聯碩が3Q売り上げ楽観、気温上昇受け(07/15)

医療資材各社、直近の売上高が好調(07/15)

敦捷光電、台大医院と生体情報測定で覚書(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン