超々臨界圧のジマ発電所、商業運転を開始

マレーシアの国営電力テナガ・ナショナルは22日、ヌグリスンビラン州ポートディクソンに建設した超々臨界圧(USC)石炭火力発電所の1号機(設備容量100万キロワット=kW)が商業運転を開始したと発表した。これにより、マレー半島部における同社の総設備容量は2,374万8,000k…

関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

原産地証明の申請、活動制限令中でも可能に(18:16)

活動制限令中の操業許可、27日時点で2732社(18:16)

給与計算する社員の出社、31日か1日は許可(18:16)

デジタルエンタメ利用者、新型コロナで急増(18:59)

中韓越の非合金鋼製品、不当廉売で調査開始(18:50)

テイクオフ:在宅でのオンライン授業…(03/30)

1~3月GDP、東南ア各国で急ブレーキ(03/30)

2500億リンギ規模の景気刺激策 過去最大、政府支出は全体の1割(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン