• 印刷する

人事労務関連法に対応急務、アイキューブ

フィリピンの日系経営コンサルタント、アイキューブ(マニラ首都圏マカティ市)は22日、マカティ市で日系企業を対象に人事労務に関連する法律のセミナーを開催した。日系企業に影響が大きいとして、早急の対策が必要との見解を示した。

18年12月に成立した労働安全衛生基準(OSHS)法について、労働安全衛生コンサルタントのオネシモ・パナリガン氏は、労働雇用省への法人登録と、全従業員に対して労働安全衛生の周知を徹底するよう呼び掛けた。同法では労働雇用省による査察で改善命令を受け、従わなかった場合、1日当たり最大10万ペソ(約20万2,000円)の罰金を科すと定められている。

人事労務専門家のダリウス・ゲレロ氏は、ドゥテルテ大統領が署名を拒否した在職期間保障(SOT)法案の今後の動向を解説。向こう2年間は議会で可決されないとみられるが、大統領公約の一つのため、任期満了直前に成立する可能性もあるとの見方を示した。企業は今から就業規則の見直しを進め、人事担当者に労働法について教育することが必要と話した。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:少しずつ日常を取り戻し…(07/15)

コロナ病床不足「危機的」に 首都圏の複数病院、受け入れ停止(07/15)

コロナ感染新たに634人、累計5万7545人(07/15)

1~6月輸入車販売、コロナ影響で55%減(07/15)

トヨタ、首都圏の直行バス予約アプリ提供(07/15)

日本政府のビザ発給数、19年は比人2位(07/15)

投資委の認可額、1~6月は2.1倍(07/15)

マニラ空港拡張、連合に交渉終了の通知(07/15)

ナボタス市、16日から厳格な外出制限(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン