中国から委任で安全委調査、全日空機事故

【共同】運輸安全委員会は22日、羽田発北京行きの全日空963便ボーイング787が15日夜、北京の北東約140キロ上空の中国領空で機体が揺れ、乗客と客室乗務員の計4人が負傷した事故について、中国からの委任を受け調査すると発表した。22日、航空事故調査官2人を担当に指名した。今後…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

財新サービス業PMI、6月は10年来で最高(07/03)

サプライチェーンの多国間協力、中国も参加(07/03)

中小銀の資本金に専項債、地方政府に認可(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

インドの中国製品排除に反発、商務省(07/03)

中国発の貨物、通関手続き再開(07/03)

1~5月のサービス貿易、15%減の1.9兆元(07/03)

物流DHL、中国からの輸出貨物集荷停止(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン