• 印刷する

「ベトビューティー」、HCM市で開幕

ベトビューティーには、世界各国から約450社・ブランドが参加し、化粧品や美容機器などの展示・販売を行った=22日、ホーチミン市

ベトビューティーには、世界各国から約450社・ブランドが参加し、化粧品や美容機器などの展示・販売を行った=22日、ホーチミン市

美容関連製品の展示会「ベトビューティー(Vietbeauty)」が22日、ベトナム・ホーチミン市7区のサイゴン展示会議センター(SECC)で開幕した。公式サイトによれば、地場企業をはじめ、日本、韓国、中国のほか中東や欧州などから約450社・ブランドが出展する。

日本からは、15社が出展。化粧品のほかサプリメントや美容機器の出品が目立った。健康食品や化粧品を取り扱う日英物産(大阪府吹田市)は昨年の展示会にも参加。担当者によれば、サプリメントのインバウンド需要が高まっており、ベトナム企業からの問い合わせも多いという。同社は、今後地場企業と提携しベトナムでの販売を開始したい考えだ。

地場企業からはオーガニック製品の出品が多かった。香水の製造・販売を手がける「ミス・ダラット」は、オーガニック化粧品の開発に注力し、新製品の口紅を出品した。「食品だけでなく、化粧品市場にもオーガニック需要が高まっている」(担当者)という。

国外企業では、韓国から最多の85社が出展。次いで中国(79社)、台湾(40社)が続いた。韓国は、昨年も出展数が最多だった。

ベトビューティーは24日まで開催される。化粧品以外にもトイレタリー、ヘアケア商品、エステ機器などが出品され、アートメイクの実演も公開している。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品化学

その他記事

すべての文頭を開く

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

(表)世界の新型肺炎感染者数(26日正午) 山東省で日本からの訪問者隔離措置(02/27)

日本の対越投資、4位に後退 19年は件数増も製造は前年割れ(02/27)

1~2月のFDI認可額、24%減の65億ドル(02/27)

ダイビル、オーストラリアで営業開始(02/27)

日本人学校、感染地から入国後14日登校禁止(02/27)

ベトナム国内の感染者、16人全員が治癒(02/27)

航空2社がチケット大幅割引、需要発掘へ(02/27)

太陽光発電のFIT価格、いまだ決まらず(02/27)

ニントゥアン、450MWの太陽光発電を計画(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン