• 印刷する

不動産市場に回復の兆し、価格が上昇傾向

マレーシアの不動産市場に回復の兆しが見えてきた。首都クアラルンプール(KL)などでは今年に入ってから販売価格が上昇傾向を示している。21日付マレーシアン・リザーブなどが伝えた。

不動産情報ポータルサイト「プロパティーグル」によると、開発業者や住宅所有者の提示価格を集計したプロパティーグル市場指数(PMI)は今年第2四半期(4~6月)に86.2となり、前期の85.4から0.9%上昇。前年同期の87.8、17年同期の88.4は下回ったものの、今年に入ってから回復傾向にあることが浮き彫りになった。

地域別では、KLで前期から0.9%、スランゴール州で0.3%、ペナン州で0.2%上昇。一方、15年から上昇を続けてきた唯一の地域であるジョホール州では0.5%下落した。前年同期比ではKLで2.4%、ジョホール州で3.0%それぞれ低下した。

プロパティーグルのマレーシア事業責任者、シェルドン・フェルナンデス氏は「初めての住宅購入を支援する政府のキャンペーン『ホーム・オーナーシップ・キャンペーン(HOC)』や印紙税の減免、5月に実施された利下げなどが、KLやスランゴール州などでの購買意欲の向上につながった」と指摘。一方で、昨年に実施された外国人による不動産購入への規制強化などが、シンガポールに隣接するジョホール州の不動産市場に悪影響を与えたとの見方を示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 建設・不動産IT・通信サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

外国人労働者住宅に基準、順守に3カ月猶予(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

コロナ禍でも転職活動活発、リーラコーエン(05/29)

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(05/29)

RM1=24.7円、$1=4.36RM(28日)(05/29)

誠品書店がマレーシアに出店へ、東南ア初(05/29)

アクシアタ、5G調達先に華為含む2社検討(05/29)

高等教育機関のオンライン授業、年内継続(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン